不動産びわこnet > 不動産びわこnet(株式会社イトウ)のスタッフブログ記事一覧 > 空き家と農地

空き家と農地


東近江市のとある場所。

長い時間を要しましたが、色々と勉強になった現場の取引が終わりました。

今、生活を始める為にリフォームなどの作業にかかられています。

少しどんな物件だったか、ご紹介させていただきます。





上の写真、農地です。

そして奥に平屋の古い家が見えます。

これは、敷地でみると裏側ですが、


表はこんな感じです↓



奥に見える家が先ほどの古家の正面です。

手前にある建物は倉庫です。


実はこの倉庫のさらに手前(ちょうど車が止まっているあたり)には、

さらに古い家がありました。現在は解体され、手前が広く空いた土地に

なりました。


さて、再度裏側に戻ります。



見渡す限り、田んぼや畑。


今回、この物件を県外から移住される方が購入されました。

色々と長い期間を要しましたが、売主様、買主様、そして近隣の方々や

市役所の担当課の方など、たくさんの方のご協力を得て売買取引が完了

出来ました。


そもそも、ここは市街化調整区域でした。

市街化を調整する区域・・・つまり、そこでは市街化を促進する市街化区域と比べ、非常に制限が厳しいわけです。


・建て替えが出来なかったり

・誰でも新築が出来なかったり

・農地を農地以外に利用することが出来なかったり


ただ、一定の住宅が建ち並んでいるエリアで、市街化区域からそう遠くない

みたいな条件が揃っている場所は、少し制限を緩くしている場所があります。

この場所もそのエリアでした。


なので、将来的な利用方法も含め、今回、農家でもなく、しかも他府県在住の方が、この物件を前向きに検討することが出来ました。


でも農地が問題でした。。

古い家や倉庫が建っている場所は宅地です。農地ではありません。

上の写真の場所だけが農地です。


基本的に、農地を農地のまま誰にでも譲れない・・・

家のある場所だけ売却して、農地は残さざるを得ないのか・・・

しかし農地だけ残しても、その農地へ行くには家の敷地を通らなければならない!!

かと言って、全部を売却するには、結局農地が邪魔をする!!


空き家が社会問題になっている今日この頃、目の前にその空き家を使ってもらえる人がいるのに、どうして農地が足を引っ張る!!


法律が時代についていってないのか!!と一人ぶつぶつと小言を言っておりました。


結局、最初に戻りますが、この物件の取引は残さず全部、他府県在住の農家でもない一般人の方へと所有権が移転しました。


それもこれも、

「空き家に付属した農地指定」の申請をすることで可能となりました。これは平成31年4月に施行された新しい制度でした。

まさに施行後、第一号の案件でした。


今回は東近江市の案件でしたが、他の自治体においても同様の制度が施行されていると聞きます。


おそらく、このような物件はこれから増えると思います。


そして、このような物件を求めている方がいることも事実。


ここで新しい生活が始まることのお手伝いが出来たことは、

非常にありがたいご縁でした。










≪ 前へ|間取り変更しました【守山市千代町一戸建て】   記事一覧   【3月】不動産情報チラシ|次へ ≫

 おすすめ物件


長浜市湖北町速水

長浜市湖北町速水の画像

価格
2,580万円
種別
新築一戸建
住所
滋賀県長浜市湖北町速水
交通
河毛駅
徒歩13分

長浜市室町 土地

長浜市室町 土地の画像

価格
1,384.24万円
種別
売地
住所
滋賀県長浜市室町
交通
長浜駅
バス7分 市民体育館前 停歩12分

草津市上笠4丁目新築戸建

草津市上笠4丁目新築戸建の画像

価格
3,980万円
種別
新築一戸建
住所
滋賀県草津市上笠4丁目
交通
草津駅
徒歩29分

長浜市内保町 土地

長浜市内保町 土地の画像

価格
1,150万円
種別
売地
住所
滋賀県長浜市内保町
交通
虎姫駅
バス6分 内保 停歩7分

トップへ戻る